/> ココマイスターの仕上げ|ココマイスター本皮新情報所

顔料仕上げと染料仕上げ

一般的に、天然皮革製品の色つけの仕上げ方法には、顔料仕上げと染料仕上げの2つがあります。
ココマイスターを利用する上で、この仕上げ方法はぜひとも知っておきたい情報です。
動物から採取された素材を使う天然皮革製品には、必ず傷がついているものです。
一見、まっさらな表面で傷1つないように思えるものでも、それは傷が目立たない加工を施しているだけで、実際は傷が存在しています。
そういった傷を長期間使用していても目立たないように、色をペンキのように皮革の表面に塗りこみ、加工する仕上げのことを「顔料仕上げ」といいます。
逆に経年変化が出やすく、傷やしわを時間とともに目立つように加工する仕上げのことを「染料仕上げ」といいます。
実は、ココマイスターでは「染料仕上げ」のほうをメインに採用しています。
傷がないほうが品質がよくて、高級なイメージがあると思いがちですが、皮革製品における考え方は逆なのです。
天然の皮革製品においては、傷やしわは天然の証拠であり、象徴でもあります。
なので、動物が生前負った傷やしわを残すことは、天然のよさや深みを増すことになるのです。
しかし、傷がないほうがいいと考える方も多いでしょう。
その場合、染料仕上げではなく、顔料仕上げの製品を選びましょう…。